Manu of Ukikusa

|

『生きるへの憧憬』

トキは静かに流れ、
周りには数多の生き物と
ほんの少しの人がいる。
生と死が混在する土にふれ、
先人の眠る墓と共存し、
生きることについて
見つめてゆく。

    萍

|

|

|

|

|

|

『ただ生きる』

気持ちよく働いて、
美味しく食べて、
ぐっすり眠って、
気持ちの良い朝を迎える。
ただそれだけ。

   桝田 康太

|

|

『土との対話』

堆肥をつくってみる。
雑木林を耕してみる。
生と死の調和が織りなすエネルギーと
その未知との対話に想ふこと。
そして今日も、メシを食う。

|

|

|

|

『環世界の謳歌』

循・環世界のトモガラたちの
存在と温もりを感じ、
詩を詠い、謳歌する。
自ずと然るべきものへ
なれるだろうか。

   南 大樹

|

|

|